エアソフト用残弾表示カウンター『タキオン(Tachyon)V1』が一般販売開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
近未来感溢れた設計のエアソフト用「残弾表示カウンター」が完成し、そのバージョン1となる第一陣×24セットがクラウドファンディングで売り出され、即時完売となった。

開発を手掛けたのは、レディット(Reddit)ユーザー「DELTA129」ことスロバキア人のマーチン(Martin)氏。熱狂的なエアソフターであり、エレクトロニクス技術者のマーチン氏がホビープロジェクトを立ち上げたところ、試作品の完成度があまりに高かったことから、ネット上で多くの支持者を集め、商用企画へと転向している。

関連記事:
近未来感溢れるデザインのエアソフト用デジタル残弾表示カウンター

Photo from Tachyon official website
『タキオン(Tachyon)V1』と名付けられたこの未来装置は、時計、バッテリー残量、プリセット選択、明るさ調整、残弾数カウンター、グラフィカルカウンターといった機能を一画面に表示させることができるというもの。簡単なオンボード設定で、殆ど全ての機能を射手の好みに応じてカスタマイズが可能となっている。また、システムの更なる発展を望むマーチン氏の意向として、アルデュイー互換ファームウェア全体がオープンソースとなっている。

Tachyon Specifications:
* Core features: Ammo counter, Battery monitor, Real-time clock
* Mounting: Picatinny (RIS/RAS) Rail, 21-22 mm
* Enclosure dimensions (WxLxH): 37x140x41 mm
* Sensor mounting diameter: 14±2 mm (no thread required)
* Input voltage: 5-12V
* Standard idle current consumption: 200 mA
* Timekeeping battery: CR1220
* Clock time drift: <1 ppm w/ calibration, <127 ppm w/o calibration
* Display resolution: 128 x 128 pixels
* Display color accuracy: 16 bit
* Hardware interfaces: MicroUSB, Tachyon TWI Expansion Bus (TEB), single-pass sensor connector (SPSC)
* Compatible addons: Coming soon


Photo from Tachyon official website


Photo from Tachyon official website
ユニット全体は選択的レーザー焼結(SLS: Selective Laser Sintering)方式の3Dプリンターで出力された耐久性のあるナイロン製筐体(きょうたい)内に収納され、ピカティニー規格レイルに対応。赤外線ショットセンサーは、フラッシュハイダーやバレルアタッチメントなどの代わりにバレルの端に取り付けられる。外部バッテリーでも電源供給を可能とした設計のため、電動エアソフト以外での利用も可能なようだ。


Photo from Tachyon official website
タキオンの主要機能である残弾カウンター表示については、数字でリアルタイム表示されるだけでなく、モニター画面自体の色味を変更させることで、ビジュアル的に残弾数の警告がおこなえる。

インディーゴーゴーでおこなわれていた資金調達キャンペーンでは、送料別の完全版キットが110ドル(=約1.2万円)で、2018年7月に出荷予定となっていた。マーチン氏によると、ユーザーからの需要が続く限り増産したいとのこと。

Source: Tachyon official website
Tachyon: A weapon mounted computer for airsoft - Indiegogo

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
 電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン (2018-10-25 13:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop