NEWS

元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット

海外軍事 Comments(0)
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
元ネイビーシールのジェイソン氏が、かつて自身が使っていたと言う特殊な医療キットを動画で紹介している。

この医療キットは薄いプレート型の形状で、プレートキャリア内のプレートの裏側に挿入する方式である。素材は防水であるため、ネイビーシールズやSBSなど、海水や砂による苦労が絶えない海洋系の部隊にとっては重宝するだろう。透明素材であり、中身が一目瞭然なので、目的の医療品も見つけやすい。
動画内でジェイソン氏が解説している医療キットには下記の物が装備されている。
①コットンガーゼ(パッケージを薄くするためロールではなく折り畳み)
②HALOチェストシール
③SAMスプリント
④脱気針
⑤経鼻エアウェイ
⑥TCCCカード(負傷者の情報を書き込む用紙)
⑦ペン(TCCCに記入するため)
⑧経口補水用の電解質粉末
⑨鎮痛剤等の経口薬パック
⑩クイッククロット・コンバットガーゼ

この医療キットは、戦闘において負傷者が発生した時点ですぐに使用する物ではない。まずは止血帯などで大量出血を止め、負傷者を危険な場所から移動させる。それから、負傷者のプレートキャリアからキットを取り出し、黒いコードを引いてパッケージを開け、必要な物品を使用する。

なお、メーカーは「ヴァルコー・タクティカル」と言い、内容物もオーダーメイドで構成してくれる。一般的なメディカル・ポーチで医療キットを携行するのも良いし、任務や装備に応じてヴァルコー社の薄い医療キットをプレートキャリア内に携行するのも良いとジェイソン氏は語る。元ネイビーシールからの一つの提案である。

Text: ムッシュ・コナギ - FM201810

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
 米軍の次世代分隊火器向け電子補正式照準器はAIによる顔認識技術で敵味方を識別する (2019-08-02 18:17)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop