『ゴルゴ13』連載開始50周年を記念した特別展が2017年10月に大阪で開催

イベント開催情報 レポート Comments(0)
『ゴルゴ13』といえば日本を代表する劇画の1つ。幅広い世代に親しまれ、その時々の世相や国際情勢を反映したストーリーが人気を博しているのはご存じの通りだ。
この『ゴルゴ13』は間もなく1968年11月の『ビッグコミック』(小学館)にて連載開始以来、一度も休載することなく50周年を迎える。その発行部数は2億部を超えるという。

2017年10月には『連載50周年記念特別展 さいとう・たかを ゴルゴ13』が大阪にて開催されることとなり、記者発表会に作者のさいとう・たかを氏が出席。「ありがたいことです。よくそれだけ支持が続いたと思います」と感謝の言葉を述べた。
50周年を迎えるにあたり「劇中で(ゴルゴの)標的にしたいと思う人は昨今いっぱいいますが、好き勝手に書けないこともあるので・・・」と制作側の裏話を激白。また、担当編集者に『50年はまだ折り返し地点』と言われたことも明かし、「がんばれるだけがんばりたいと思います」と決意を新たにした。

会見には同展の公式テーマ曲「13th Shot」を制作した山本恭司氏も出席した

記念イベントでは厳選された60枚にも及ぶ原画展示や、さいとう・プロダクションの「武器庫」に保存されている作画用モデルガンの公開が目玉になるという。

他にも作品を彩ってきた女性たちのまとめや、「分業制システム」を確立したさいとう・プロダクションの作業の再現、オリジナルグッズの販売などファンならずとも興味をそそられる企画が多数予定されている。

開催概要は以下の通り。
会期:2017年10月6日(金)~11月27日(月)会期中無休
開館時間:平日12:00~20:00、土・日・祝は10:00~18:00
(入場は閉館の30分前まで)
会場:大阪文化館・天保山(海遊館となり)
前売り観覧料:一般1,300円、大学・高校生1,100円、中学・小学生300円
主催:読売新聞社、関西テレビ放送
特別協力:さいとう・たかを劇が文化財団
企画協力:さいとう・プロダクション、小学館、リイド社
協力:堺市、大阪文化館・天保山
問い合わせ:読売新聞社文化事業部 06-6366-1848(平日午前10:00~午後5時)

2018年9月22日〜11月30日にかけては川崎市民ミュージアム(神奈川県)での開催も予定されている。
同展の詳細情報は公式web(https://www.golgo-13.com/)や公式facebookページ(https://www.facebook.com/475639122826493/)において順次解禁されていくとのこと。

Text & Photo: 乾宗一郎

同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事画像
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
第88回『ビクトリーショー』が開催
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
【PR】Dress&Gunが和歌山市松江に「インドアフィールド」併設新店舗をオープン。10/13・14に物販イベント実施
同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 【PR】Dress&Gunが和歌山市松江に「インドアフィールド」併設新店舗をオープン。10/13・14に物販イベント実施 (2018-10-05 19:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop