【実銃アクセサリ】TangoDownからSurefire・XC-1専用のフロントサイトが登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

TangoDown Light Portal Front Sight (FFA-02)
TangoDownといえば地味めながら使いやすい堅実なアクセサリを多数ラインナップするメーカー。そんなTangoDownからフロントサイトの新製品が登場します。
特徴はアジャスタブルサイトポスト、タイプIIIアナダイズドハードコート(マットブラック)、ミリタリーレイル対応などなど。価格は95USドル。

製品リンク:https://tangodown.com/shop/tangodowntm-light-portal-front-sight-ffa-02/

しかし最大のポイントはSurefireの小型ライト、XC-1専用のライトマウントでもあることです。

TangoDown Light Portal Front Sight (FFA-02)
見ての通り楕円の穴にすっぽり収まります!

TangoDown Light Portal Front Sight (FFA-02)
ライトを強固に固定するだけでなく、ライト本体のスイッチでON/OFFが可能に。壊れやすい(切れやすい)テープスイッチを使わなくても済むわけです。
また、フォワードハンドのフォームでは絶妙な位置にスイッチを置けるそうです。

ちなみに同社にはSurefireのスカウトライト用の製品もありました。

TangoDown Light Portal Front Sight (FFA-02)
写真はM300専用の製品。
タクティカルユースではフリップアップサイトではなく固定式サイトを愛用するユーザーがおり、その層へ向けた製品なのでしょうか。
なかなか個性的でおもしろいサイトなので、エアガン用のレプリカが出ればいいな、と思います。

Text: 乾宗一郎 - FM201610

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中
明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
 ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中 (2019-03-15 15:09)
 明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催 (2019-03-14 20:31)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定 (2019-03-11 14:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop