ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Thales Group
フランスの防衛大手であるタレス・グループ(Thales Group)が、英国ロンドンで開催中の国際防衛展示会「DSEI(Defence and Security Equipment International)2017」において、現在オーストラリア軍で使用されている「F90」の最新発展型となる新世代ブルパップ式アサルトライフル「F90MBR(Modular Bullpup Rifle)」を発表した。

関連記事:
タレス・オーストラリア社、豪国防省から F90 アサルト・ライフルの低率初期生産契約を獲得

Photo from FORCE Magazine
F90MBRには3面レイルシステムによって拡張性を持つ他、複数のバレル・レングスが用意され、ボルトやマガジンキャッチを「完全アンビ」として射手の利き腕を選ばない仕様となる。また、「ドロップフリー」となったマガジンリリース機能によって迅速な弾倉交換がおこなえ、マガジンについてはNATOでの相互運用性を求めて、その互換性を持つものが採用される。

加えて、本体重量が3.25キログラムとアサルトライフルでは最軽量クラスとなっていることや、水域から離脱した際に、「即時」且つ「安全」な射撃を可能とする「OBT(Over The Beach)」機能を持つことから、「水陸両用作戦」を主務とする海兵隊などでの運用に適している触れ込んでいる。


Photo from Soldier Systems Daily


Photo from Soldier Systems Daily


タレスはこのF90MBRをもって、欧州・NATO市場に狙いを定めている。更に深く突っ込んだところでは、軍事情報サイトのシェファードが「タレスはドイツに新たなF90ライフルを売り込んでいる」と題し、DSEI会場でタレス関係者におこなったインタビュー内容を基に記事を掲載している。それによると、タレスは既にドイツ軍のG36アサルトライフルのリプレイスを企図した "シュトルムゲヴェール・システム(SSB: System Sturmgewehr Bundeswehr)" 計画にも参入していることが示されている。

関連記事:
ドイツ連邦軍のG36後継小銃は2019年春にも選定か。より具体的なスケジュールが報道に

またシェファードは、「タレス・オーストラリアでは現在、オーストラリア国防軍向けに30,000挺のF90を納入している折り返しに至っているが、その契約は柔軟性を持つ内容となっていることからも、予定を一部変更し、F90MBRが替わりに納品される可能性もある」とも報じている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop