NEWS

米陸軍初のスナイパー向けクリップオン式サーマルサイトを N2 イメージング・システムズ社が受注

海外軍事 Comments(0)

Image: Family of Weapons Sights -- Sniper (FWS-S) / PEO Soldier Live
米国防総省は 3 日、カリフォルニア州アーバインに拠点を置く N2 イメージング・システムズ (N2 Imaging Systems) 社との間で、陸軍のスナイパー向けにクリップオン式サーマルサイトの契約を交わしたことを発表した。

関連記事:
夜間作戦でターゲット捕捉能力を向上させる 米陸軍の最新ワイヤレス・ウェポンサイト

Image: Capture screen via N2 Imaging Systems
8,100 万ドル (=約 87 億円) 超の確定価格 (FFP: Fixed Firm Price) でおこなわれた契約案件で、陸軍にとって初めてのスナイパー向けに専用設計されたクリップオン式のサーマルウェポンサイト (FWS-S: Family of Weapons Sights -- Sniper) になる。


Image: Weapon Sights (FWS) / PEO Soldier Live
FWS-S は、従来から使っているスコープなどデイサイトのフロント側にマウントさせるサーマルサイトで、あらゆる光量レベルの環境下において、スナイパーの視認能力を向上させ、精確にターゲットへ狙いを定めることが狙い。

契約の終了日は 2021 年 6 月 2 日に設定されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop