東京マルイが「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
エアソフト本体開発・製造のグローバルリーダー「東京マルイ」社が、同社の第4回新作発表イベントである「マルイフェスティバル」において話題をさらった、「89式5.56㎜小銃(固定銃床型)」ガスブローバックモデルのPVを公開した。

関連記事:
新製品が大量に発表! 「東京マルイフェスティバル 4th」詳細レポート

クールに仕上げられた今回のPV。日本人であれば心揺さぶられるであろう、自衛隊迷彩と純国産アサルトライフル「89式5.56mm小銃」の組み合わせによって、本製品を所有することへの悦び(よろこび)が伝わる作品となっている。

東京マルイ公式サイト:
http://www.tokyo-marui.co.jp/
東京マルイ89式5.56㎜小銃(固定銃床型)ガスブローバックモデル
1. Zシステム89式バージョンを搭載
2.3バーストメカを標準搭載 ※ガスブローバックシリーズ初の「3ショット・バースト」搭載
3.ボディーは膨大な資料を基に、電動ガン以上に可能な限り忠実に再現
・ハンドガードはスチールプレス+樹脂製
・アッパー&ロアーフレームは亜鉛ダイカスト製
・アウターバレルはアルミ切削
・ダストカバーは可動式
・ボディー刻印は現行型。89Rタイプ
・新規グリップは内部も忠実に再現
・フロント&リアサイトも調整可能
・リアサイト調整ダイヤルは刻印、メモリには白入れを追加
・フラッシュハイダーはアルミ切削。ダブルナット方式
・左右非対称のストック
4.テイクダウンギミックも可能な限り再現
 ロングストローク・ボルトキャリア形状も再現
5.新規マガジン35発はアルミダイキャスト製
 残弾口も再現。M4シリーズマガジンとの互換性あり
6.セレクターはアンビタイプの左右切り替えレバーを標準装備
7.バイポッドも標準装備
8.可変ホップダイヤルはハンドガード内バレル基部に設置
価格未定・鋭意進行中。2018年春新発売予定

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop