NEWS

ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定

海外軍事 Comments(0)

Photo from Rostec
ロシア国営ロステック(Rostec)は、傘下の「中央精密機械建造研究所(TsnIITochMash)」が、国防省および法執行機関向けの9x21mm弾を使用する新型ピストルを開発し、試験を進めていると発表した。
新型ピストルは『マカロフ(Makarov)』の後継を担うもので、計画の最高責任者を務めているアルバート・バーコフ(Albert Bakov)氏によると、「2018年12月の試験完了以降に軍への供給可否が決まる」とのこと。

マカロフピストル(PM)は、ソ連の銃器設計者「ニコライ・マカロフ(Nikolay Makarov)」氏が開発したセミオートマチック式ピストル。ドイツ カール・ワルサー(Carl Walther)社が1929年に発表したダブルアクションピストル「ワルサー(Walther)PP」のシステムをベースに改良。1951年に軍制式採用となっている。

ロステックのセルゲイ・アブラモフ(Sergey Abramov)氏は、「このプロジェクトはロシアが小火器分野の開発に必要な知識や能力など全てを備えていることを再び証明するものになるだろう」「このような製品は基礎科学から冶金(やきん)学まで幅広い専門知識が必要となる」「機械産業を発展させた多くの国は独自にピストルを開発する余力がない」「このプロジェクトに携わる我々の専門家たちがマーケットの中で注目を浴びることは疑う余地がないだろう」と語っている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop