NEWS

トルコ軍に国産自動小銃 MPT-76 の量産第一陣が納品

海外軍事 Comments(0)
トルコ軍に国産自動小銃 MPT-76 の量産第一陣が納品
トルコ軍に国産自動小銃 MPT-76 の量産第一陣が明日、12 月 9 日に納品され、レジェップ・エルドアン (Recep Tayyip Erdoğan) 大統領出席の下で記念式典がおこなわれる。

関連記事:
トルコ陸軍新型小銃「MPT-76」に標準装備予定の光学照準器
トルコ軍に国産自動小銃 MPT-76 の量産第一陣が納品
Capture screen: via Makina ve Kimya Endüstrisi Kurumu (MKEK) official website
MPT-76 は、ドイツの銃器メーカ大手ヘッケラー&コッホ (H&K: Heckler & Koch) 社のライセンス生産である G3 ライフルからの更新を図るもので、トルコにおける軍用装備品の主要供給元である国営の機械化学工業機関 (MKEK: Makina ve Kimya Endüstrisi Kurumu) がその設計を手掛けている。

2009 年 3 月に開発計画が発足した MPT-76 は、50 回以上の試験と 110 万発の試射を経て、2014 年 5 月 5 日にその一連の開発を終了。2015 年から連続生産に入っており、国防省計画では 20 万挺の生産を見込んでいる。

なお、国防産業次官イスメイル・デミア (İsmail Demir) 氏によると、500 挺の MPT-76 が既に陸軍に配備されており、続いて 1 万 9,500 挺が近く配備を控えているとのこと。

首都アンカラ近郊のクルッカレにある工場で製造されており、413 の部品で構成。その重量は 4.1 キログラムになるとのこと。地元メディアでは、初の「完全国産品」だと報じている。

なお、トルコは先月にヘッケラー&コッホ社から武器輸出の制限対象国に指定されており、G3 から切り替わる格好の MPT-76 は、待望の国産ライフル登場と言える。

関連記事:
ヘッケラー&コッホ社が販売方針の見直しで非 NATO 加盟国への供給停止に。加盟国 トルコも制限対象

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop