NEWS

容疑者は海軍特殊部隊の最精鋭「ST6」隊員?西アフリカ・マリの米大使館宿舎で「グリーンベレー」が殺された一件で海軍が調査

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Embassy Bamako, Mali
This photo is for illustration purposes only.
西アフリカ・マリの米大使館で、陸軍特殊部隊「グリーンベレー」隊員が死亡していた事件について、何らかの関与の疑いで海軍特殊部隊SEAL隊員×2名が取り調べを受けている。

日本語圏ニュースサイトでも取り上げられているこの一件、本国ニュースサイトでは、取り調べを受けている当該SEAL隊員が共に最精鋭の「ST6(SEAL Team 6, a.k.a. DevGru)」隊員であることから大々的に報じられている。

Photo: Army Staff Sgt. Logan J. Melgar
6月4日、陸軍特殊部隊のローガン・メルガー(Logan J. Melgar)二等軍曹が、首都バマコの米大使館宿舎の中で死体で発見された。調査は当初、陸軍の犯罪調査局がおこなっていたが、9月25日付けで海軍にその指揮権が移譲。現在は、海軍犯罪調査局(NCIS: Navy Criminal Investigative Service)が引き継いでいる。

当局関係者曰く、「メルガー軍曹の死亡は『殺人事件』として扱われ、『窒息死』であったことについて詳しく調査が進められている」とのことだが、現時点でメルガー軍曹がなぜ殺されたのかは明らかにされていない。

メルガー軍曹は、バマコの米大使館で軍事支援要員として従事していた。テキサス州ラボック出身で、2012年1月に「18X 特殊部隊員候補生」として陸軍入隊。翌年、特殊部隊訓練に参加し、特殊部隊資格・特殊部隊工兵過程を経て、2016年に第3特殊部隊グループ(空挺)に配属されている。アフガン派兵は2度経験している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop