NEWS

容疑者は海軍特殊部隊の最精鋭「ST6」隊員?西アフリカ・マリの米大使館宿舎で「グリーンベレー」が殺された一件で海軍が調査

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Embassy Bamako, Mali
This photo is for illustration purposes only.
西アフリカ・マリの米大使館で、陸軍特殊部隊「グリーンベレー」隊員が死亡していた事件について、何らかの関与の疑いで海軍特殊部隊SEAL隊員×2名が取り調べを受けている。

日本語圏ニュースサイトでも取り上げられているこの一件、本国ニュースサイトでは、取り調べを受けている当該SEAL隊員が共に最精鋭の「ST6(SEAL Team 6, a.k.a. DevGru)」隊員であることから大々的に報じられている。

Photo: Army Staff Sgt. Logan J. Melgar
6月4日、陸軍特殊部隊のローガン・メルガー(Logan J. Melgar)二等軍曹が、首都バマコの米大使館宿舎の中で死体で発見された。調査は当初、陸軍の犯罪調査局がおこなっていたが、9月25日付けで海軍にその指揮権が移譲。現在は、海軍犯罪調査局(NCIS: Navy Criminal Investigative Service)が引き継いでいる。

当局関係者曰く、「メルガー軍曹の死亡は『殺人事件』として扱われ、『窒息死』であったことについて詳しく調査が進められている」とのことだが、現時点でメルガー軍曹がなぜ殺されたのかは明らかにされていない。

メルガー軍曹は、バマコの米大使館で軍事支援要員として従事していた。テキサス州ラボック出身で、2012年1月に「18X 特殊部隊員候補生」として陸軍入隊。翌年、特殊部隊訓練に参加し、特殊部隊資格・特殊部隊工兵過程を経て、2016年に第3特殊部隊グループ(空挺)に配属されている。アフガン派兵は2度経験している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop