NEWS

アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見

海外軍事 Comments(0)
アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見
世の中には様々な伸縮性の素材があるが、多くは伸び縮みする際に性質が変わってしまう。例えば導電性の物質は、伸ばして通電距離が伸びるとその分抵抗が増えてしまう。このため使用には色々な制限があるが、この度アメリカ空軍研究所(The Air Force Research Laboratory)が発見した素材は、そのような欠点がないのだという。
Polymerized Liquid Metal Networks(Poly-LMN……重合液体金属ネットワーク)と名付けられた物質は、7倍の長さにまで引っ張って伸ばすことができつつ、その際に電気抵抗が変化しない。

秘密はその微細構造にある。Poly-LMNは液体金属の粒子をある種の殻に閉じ込めたものが鎖のようにつながった構造になっており、曲げたり伸ばしたりして強いストレスがかかると、この殻から液体金属が出てきて電気抵抗を下げるようになっている。1万回の繰り返しに耐えるという。

ウェアラブル端末に用いれば、ヒジ・ヒザなどの関節部が曲がった時にその部分の電気抵抗が変化してしまうことがなくなる。また電気と同じく熱伝導においても同じ効果があり、ヒーター入りグローブなどでは全体が均一に温まるようになるなどの応用が考えられるという。

Source: Air Force scientists discover unique stretchable conductor

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM202001
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習
寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に
米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注
デルタフォースが人質奪還に初成功した「アシッド・ギャンビット作戦」30周年
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習 (2020-01-17 17:52)
 寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に (2020-01-16 16:03)
 米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」 (2020-01-15 12:20)
 フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用 (2020-01-14 17:26)
 フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注 (2020-01-07 20:50)
 デルタフォースが人質奪還に初成功した「アシッド・ギャンビット作戦」30周年 (2019-12-27 19:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop