NEWS

米アリゾナ州警察がロシア製の非致死性ピストルを購入。米治安機関によるロシア製武器の公式購入は初の事例

海外軍事 Comments(0)

Photo: via Комплекс ОСА official VK page
Image is for illustration purposes only.
ロシア国営日刊新聞ロシースカヤ・ガゼータや、非政府系のインテルファクス通信などは、米国の郡保安官事務所がロシア製のピストルを購入したことを報じた。
Комплекс самообороны ОСА
購入が報じられたのは、スマート電子発射機構に特徴を持ち、ラバー製の弾を発射する非致死性拳銃「オサー (OSA (Russian: ОСА, "wasp") ) 」。

初の導入先となるのはアリゾナ州で、事前におこなわれたテストの結果、製品に対する評価が上々だったことが伝えられている。今後、60 挺以上の本体と、10,000 発の弾の購入が予定されているとのこと。

米国の治安機関が、公式にロシア製の非致死性武器を購入するのは初めての事例。ロシア国内の報道によれば、今後も米国内では他の州警察機関において、オサーの購入が計画されているとしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop