NEWS

米陸軍・旅団戦闘チームの「戦車」「戦闘車輌」が、10年間で『全て電気式』にリプレイスを計画か

海外軍事 Comments(0)

Photo: U.S. Army photo
This photo is for illustration purposes only.
米陸軍の旅団戦闘チームで運用される「戦車」「戦闘車輌」が、10年間で「オール電化」に置き換わるかもしれない―。
このセンセーショナルな見通しは、9日~11日に掛けてワシントンD.C.で開催された陸軍協議会(AUSA: Association of the United States Army)の席上、大手軍事情報サイトのディフェンスニュースが主催したパネルディスカッションにおいて、フォートベニングの高等機動センター(MCoE: Maneuver Center of Excellence)の代理人として登壇したドナルド・サンド(Donald Sando)氏が言及している。

Photo Credit: Staff Sgt. Michael Behlin
This photo is for illustration purposes only.
サンド氏は、「10年で我が陸軍の旅団戦闘チームは『全て電気化(all-electric)』されるだろう」「そんなことはできないという声も多くあるが、これは世代交代であって重要なことだ。我々はそのつもりで進めており、産業界の手助けを必要としている」「現在のエイブラムス戦車が完全電動化することを指している訳では無く、リプレイスすることを想定している」と語っている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop