NEWS

シグ社が米陸軍からMCX、MPX、716G2、SP2022、TANGO6…などの幅広い製品群の契約を獲得

海外軍事 Comments(0)
シグ社が米陸軍からMCX、MPX、716G2、SP2022、TANGO6…などの幅広い製品群の契約を獲得
Photo from SIG Sauer
ニューハンプシャー州ニューイントンの銃器メーカー『シグ・サワー(SIG Sauer)』社が21日、米陸軍契約司令部との間で、ライフルやピストルなど複数の本体およびアクセサリー類を含めた幅広い製品群を対象とする契約が決まったと明かした。
5ヶ年に渡る民生品利用(COTS)契約となり、具体的な製品名として①MCXライフル、②MPXサブガン、③716G2ライフル、④SP2022ピストル、⑤TANGO6ライフルスコープの名が挙げられた他、⑥サプレッサー、⑦その他アクセサリー類も含まれている。

契約獲得に当たってロン・コーエン(Ron Cohen)社長は、「当社にとって非常にエキサイティングな発表であり、陸軍がこの契約で当社製品を選択したことは大変誇りに思う」と述べている。

Source: U.S. Army Contracting Command Issues Award to SIG SAUER for MCX, MPX, and 716G2 Rifles, along with SP2022 Pistols, TANGO6 Riflescopes, and Suppressors

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop