NEWS

米陸軍が軍事施設で使用している中国製の監視カメラを全機撤去

海外軍事 Comments(0)
米陸軍が軍事施設で使用している中国製の監視カメラを全機撤去
米陸軍が、ミズーリ州フォート・レオナード・ウッド基地(Fort Leonard Wood)に設置していた中国「ハイクビジョン(Hikvision)」製の監視カメラ×5台を撤去し、他メーカー製に取り換えたと、ウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。

関連記事:
豪紙報道、中国 Lenovo 製 PC に外部アクセス可能とする工作?

ことの発端となったのは、ウォール・ストリート・ジャーナルが2017年11月に掲載した「ハイクビジョンの監視カメラは、アメリカを監視する目的で作られた可能性があるため、使用中止もしくは購入を制限をすべきだ」という複数のセキュリティベンダーの見解を示した記事にある。
同基地のクリストファー・ベック大佐は、「当該カメラは、駐車場や道路を監視するものであり、軍事ネットワークとは未接続だった」「セキュリティリスクがあるとは考えていなかったが、11月の報道をうけ否定的な認識を取り除くためにもカメラを交換をした」と述べている。

米議会委員会は、「中小企業を対象としたサイバーセキュリティの脅威」についての公聴会を30日に開く予定。中小企業経営会議のスティーブ・シャボー議長は、世界最大の監視カメラメーカーであるハイクビジョンが、中国国営企業であることに懸念を示している。また陸軍は、国内の軍事基地で使用しているすべての中国メーカーのカメラを撤去する方針である。

尚、ハイクビジョンの広報担当者は、「当社製品は、品質だけでなくセキュリティも最高基準を満たすように考えている」「(中国)政府のために監視行為は行っていない」とし、米側の疑惑を否定している。

Text: 弓削島一樹 - FM201801

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop