NEWS

米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注

海外軍事 Comments(0)

Photo from Vortex Optics
米陸軍が12日、連邦事業機会(FBO: Federal Business Opportunities)の公告を通じて、今月20日を締め切りとした国産ショートスコープの少数購入を発表した。
陸軍「任務・設備契約司令部(MICC: Mission and Installation Contracting Command)」のエンドユーザーより要求されたのは、ウィスコンシン州ミドルトンに本拠を持つ光学機器メーカー「ボルテックス・オプティクス(Vortex Optics)」社製のライフルスコープ「Razor(レイザー)HD Gen II 1-6x24」。数量は下記の通り、レティクル形状違い2種×各4の計8セットで、いずれも陸軍での調達に限定されている。

* Item No 001: VORTEX OPTICS RAZOR HD GEN II RIFLESCOPES 1-6x24 VMR-2 RETICLE (MRAD). PART NUMBER: RZR-16004 ×4
* Item No 001: VORTEX OPRTICS RAZOR GEN HD GEN II RIFLESCOPE 1-6x24 RETICLE JM-1 BDC. PART NUMBER: RZR-16003 ×4


VMR-2 RETICLE (MRAD) / JM-1 BDC RETICLE
Photo from Vortex Optics

Vortex Razor HD Gen II 1-6x24 Riflescope



Screenshot from National Defense Industrial Association (NDIA)
陸軍特殊作戦司令部(USASOC: U.S. Army Special Operation Command)は昨年5月、「将来の部隊能力評価(Evolution of USASOC Future Force Capabilities)」と題したスライド資料を作成しており、その中で「分隊可変倍率スコープ(S-VPS: Squad Variable Power Scope)」の「昼光用の小型照準システム(MAS-D: Miniature Aiming Systems - Day Optics)」として、ボルテックス社製スコープのイメージを使用している。

S-VPSは、アサルトライフルや軽機関銃、マークスマンライフル用に設計されたもので、昼夜を問わず「600メートル」までの命中率向上に寄与するものとして期待されている。陸軍特殊部隊司令部への14,919セットを筆頭に、海兵隊特殊作戦司令部(MARSOC)×2,039セット、海軍特殊作戦司令部(NSWC)×4,570セット、空軍特殊作戦司令部(AFSOC)×1,116セットと、軍特殊作戦司令部(USSOCOM)全体で合計22,644セットが割り当てられ、2018年2月での契約締結が当初より示されていた。


Screenshot from National Defense Industrial Association (NDIA)
なお、この資料に掲載されていた陸軍特殊部隊の「視覚支援システム - 火器アクセサリ(VASWA: Visual Augmentation System-Weapons Accessories)」ロードマップによると、S-VPSはエルカン(ELCAN)製スペクター(Specter)照準器、「SU-230A/PVS(1 or 4X)」「SU-230B/PVS(1.5 or 6X)」の後継に当たり、2018年度を通じ翌年に掛けての調達が示されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop