NEWS

米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注

海外軍事 Comments(0)
米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注
Photo from Vortex Optics
米陸軍が12日、連邦事業機会(FBO: Federal Business Opportunities)の公告を通じて、今月20日を締め切りとした国産ショートスコープの少数購入を発表した。
陸軍「任務・設備契約司令部(MICC: Mission and Installation Contracting Command)」のエンドユーザーより要求されたのは、ウィスコンシン州ミドルトンに本拠を持つ光学機器メーカー「ボルテックス・オプティクス(Vortex Optics)」社製のライフルスコープ「Razor(レイザー)HD Gen II 1-6x24」。数量は下記の通り、レティクル形状違い2種×各4の計8セットで、いずれも陸軍での調達に限定されている。

* Item No 001: VORTEX OPTICS RAZOR HD GEN II RIFLESCOPES 1-6x24 VMR-2 RETICLE (MRAD). PART NUMBER: RZR-16004 ×4
* Item No 001: VORTEX OPRTICS RAZOR GEN HD GEN II RIFLESCOPE 1-6x24 RETICLE JM-1 BDC. PART NUMBER: RZR-16003 ×4

米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注
VMR-2 RETICLE (MRAD) / JM-1 BDC RETICLE
Photo from Vortex Optics

Vortex Razor HD Gen II 1-6x24 Riflescope


米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注
Screenshot from National Defense Industrial Association (NDIA)
陸軍特殊作戦司令部(USASOC: U.S. Army Special Operation Command)は昨年5月、「将来の部隊能力評価(Evolution of USASOC Future Force Capabilities)」と題したスライド資料を作成しており、その中で「分隊可変倍率スコープ(S-VPS: Squad Variable Power Scope)」の「昼光用の小型照準システム(MAS-D: Miniature Aiming Systems - Day Optics)」として、ボルテックス社製スコープのイメージを使用している。

S-VPSは、アサルトライフルや軽機関銃、マークスマンライフル用に設計されたもので、昼夜を問わず「600メートル」までの命中率向上に寄与するものとして期待されている。陸軍特殊部隊司令部への14,919セットを筆頭に、海兵隊特殊作戦司令部(MARSOC)×2,039セット、海軍特殊作戦司令部(NSWC)×4,570セット、空軍特殊作戦司令部(AFSOC)×1,116セットと、軍特殊作戦司令部(USSOCOM)全体で合計22,644セットが割り当てられ、2018年2月での契約締結が当初より示されていた。

米陸軍がボルテックス社製ショートスコープ「レイザーHD Gen II 1-6x24」×計8セット少数発注
Screenshot from National Defense Industrial Association (NDIA)
なお、この資料に掲載されていた陸軍特殊部隊の「視覚支援システム - 火器アクセサリ(VASWA: Visual Augmentation System-Weapons Accessories)」ロードマップによると、S-VPSはエルカン(ELCAN)製スペクター(Specter)照準器、「SU-230A/PVS(1 or 4X)」「SU-230B/PVS(1.5 or 6X)」の後継に当たり、2018年度を通じ翌年に掛けての調達が示されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop