NEWS

アメリカ陸軍の第1安全保障支援旅団(1st SFAB)のベレーカラーが「ブラウン」に決定

海外軍事 Comments(0)
アメリカ陸軍の第1安全保障支援旅団(1st SFAB)のベレーカラーが「ブラウン」に決定
Photo Credit: U.S. Army
フランスやスペインの山岳地方の伝統衣装に端を発するベレー帽。軍のユニフォームとしては、第1次世界大戦のイギリスの戦車兵のため、狭い車内でも着用できる略帽として採用されたのが始まりである。

アメリカ軍でのベレー帽は「グリーンベレー」ことアメリカ陸軍特殊部隊をはじめレンジャーや空挺等、精鋭部隊にのみ着用が許されている。このためユニフォームにベレーが採用されるとちょっとした騒ぎになる。今回発足したアメリカ陸軍の第1安全保障支援旅団(1st SFAB)もブラウンベレーが採用され、話題になっている。
第1安全保障支援旅団(1st SFAB)は「アメリカと国益を共にする友好諸外国軍に助言し、当該国の安全保障能力を高める」ために設立された。軍・警察に助言・訓練を提供し、治安維持能力を高めることで友好国の政治的安定、ひいてはアメリカとの関係維持・強化を目的とする「国外内的防衛(FID)」を専門に行うことが任務となる。今後同様の部隊として合計6旅団が創設される。

SFABはSOCOM隷下ではない一般部隊であるが、これまで各軍の特殊部隊が行ってきたFIDを担うということで、ユニフォームや部隊章は特殊部隊を強く意識したものになっている。

当初は「グリーン」のベレーが検討されていたことで「特殊部隊でもないのにグリーンでは混乱があるのではないか」という批判が陸軍特殊部隊OBを中心に続いていた。
アメリカ陸軍の第1安全保障支援旅団(1st SFAB)のベレーカラーが「ブラウン」に決定

また袖章のデザインは、ベトナム戦争時の軍事顧問団である南ベトナム軍事援助司令部(MACV)を元にしたものであるが、陸軍特殊部隊や陸軍特殊部隊司令部のもののような「矢じり」が背景にある
アメリカ陸軍の第1安全保障支援旅団(1st SFAB)のベレーカラーが「ブラウン」に決定
Photo Credit: U.S. Army

Source: 1st SFAB hosts activation ceremony; Heraldry announced | Article | The United States Army
https://www.army.mil/article/200244/1st_sfab_hosts_activation_ceremony_heraldry_announced

Source:It’s official: Army unveils brown beret, new patch for military advisers, SFAB
Ask SSD - "Is There A New SF Group?" - Soldier Systems Daily

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201803
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop