NEWS

SIG P320最初の支給先は陸軍第101空挺師団に

海外軍事 Comments(0)
SIG P320最初の支給先は陸軍第101空挺師団に
Photo from 101st Airborne Division (Air Assault)
This photo is for illustration purposes only.
米陸軍の次期制式ピストル「M17」を決める「MHS(Modular Handgun System)」コンペに選定されたシグ・サワー社のP320。その最初の支給先が「第101空挺師団」になることが決まった。

関連記事:
米軍の次期制式拳銃「XM-17」選定コンペに対しグロック社がやり直しを請求
これは、3日に開催された国防産業協会(NDIA: National Defense Industrial Association)軍備シンポジウムの席で明かされたもので、陸軍は最終的に全ての兵士のサイドアームとしてP320の配備を進める方針だが、そのタイムラインについては資金状況に委ねられているようだ。

第101空挺師団は、ロバート・ゲーツ元国防長官に「槍の先端」と言わしめた陸軍きっての勇猛果敢な部隊として知られる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習
寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に
米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」
フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用
アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見
フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スマホの「自分撮り」画像が原因で部隊が全滅……米海兵隊の対抗演習 (2020-01-17 17:52)
 寒くても手袋不要、米陸軍の新装具「アームヒーター」で手先作業も楽々。一般販売も視野に (2020-01-16 16:03)
 米CIAが極秘裏に作り上げた「暗殺用毒ダーツ銃」 (2020-01-15 12:20)
 フランス陸軍が新制式セミオート狙撃銃としてFN社のSCAR-H PRを採用 (2020-01-14 17:26)
 アメリカ空軍の研究者が伸縮しても導電性の変化しない特殊な金属素材を発見 (2020-01-09 14:14)
 フランスが軍用拳銃『Glock17』×74,596挺を発注 (2020-01-07 20:50)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop