NEWS

米陸軍が熱帯地展開用途に特化した『改良版ホットウェザー戦闘服(IHWCU)』の提供開始

海外軍事 Comments(0)
米陸軍が熱帯地展開用途に特化した『改良版ホットウェザー戦闘服(IHWCU)』の提供開始
Photo from PEO Soldier Live
米陸軍が現行「ACU(Advanced Combat Uniform)」を凌駕する速乾性、通気性を持ち、熱帯地域で長期間の着用を満たすことを目指した軽量な戦闘服を開発し、6月末よりジョージア州フォートベニング駐屯地とハワイ州の陸軍施設内にある売店(MCSS: Military Clothing Sales Stores)での提供を始めた。2020年2月までに全国の売店で入手可能となる。

関連記事:
「各種ポケットやベルクロは要らない」兵士の声を受け、米陸軍が軽量で吸水し難い新型『ホットウェザー戦闘服』を開発中
陸軍の計画策定局兵士(PEO Soldier)・生産管理兵士被服個人装備(PM SCIE)が主導して開発した『改良版ホットウェザー戦闘服(IHWCU: Improved Hot Weather Combat Uniform)』は、強靭ナイロン(high tenacity nylon)57%、コットン43%を配合した新開発ファブリックを使用。速乾性に優れ、熱で溶けてただれ落ちない特性を持つ他、全体的なパターンをアップデートし、軽量で通気性や快適性、耐久性を高めている。

米陸軍が熱帯地展開用途に特化した『改良版ホットウェザー戦闘服(IHWCU)』の提供開始
Photo from PEO Soldier Live
現行ACUから肘、膝、股あて部分が強化され、面ファスナー(いわゆるベルクロ、マジックテープ)やジッパーに代わってボタンが採用され、価格面でもACUと同程度の設定となる。
上着はフラッグパッチや部隊パッチを貼り付けるためのフック&ループが追加され、ペンポケットの他、ラグランショルダーはフィット感を高めている。またズボンはベルトループを長くし、ACUスタイルのバックポケットと小型になったカーゴポケットを配置しており、ウェストバンドの紐と注目された防虫ネットは省略されている。

関連記事:
米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示

Source: New hot weather uniform offers Soldiers comfort and functionality

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も
米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出
米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も
米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス
オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も (2019-09-13 12:10)
 米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出 (2019-09-12 19:39)
 米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も (2019-09-12 16:02)
 米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス (2019-09-12 11:45)
 オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入 (2019-09-11 12:30)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop