NEWS

電磁アクチュエーター駆動のSF的自動小銃「FDM L5」をアメリカ陸軍が少数購入

海外軍事 Comments(0)
現代の自動火器の多くは機械式制御が行われている。外部電源がなくとも動作するため使用環境を選ばない一方、その動作は複雑・繊細になりがちである。しかし、コロラド州を拠点とするフォワード・ディフェンス・ミュニション(FDM)社は、これを克服する自動小銃を開発中だ。
Forward Defense Munitions L5 Caseless Ammo Rifle
FDM社が開発中の「L5 Caseeless Gun」は、ファイアリングピンを電磁アクチュエーターで駆動し、プライマーを叩く自動小銃である。「ケースレス」を謳っているが、弾頭・火薬・プライマーはマガジンを兼ねた6mm口径の弾薬カセット内に収められている。「銃身」には5つの銃口があり、弾薬カセットにもそれに対応した5つのチェンバーがある。

弾薬カセット。これは前の4銃身バージョンのもので4発分が1つのカセットに収められている。

Photo from FDM web page

複数のカセットをまとめて銃に挿入できる。

Photo from FDM web page

縦に5つ並んだ「銃身」

Photo from FDM web page

アクチュエーターもチェンバーごとに1つ装備されている。

Photo from FDM web page

内蔵バッテリーの容量は1万5千発分。1発ずつ発射するのはもちろん、5発同時に発射する「ショットガンモード」もある。発射速度に換算すると秒間250発という高速なものになる。

発火にバッテリーなど外部動力を必要とするのが欠点だが、駆動するのはアクチュエーターのみで、複雑な機関部が必要ないため軽量である。またバレルとチェンバーが5組あることから不発やバレル内での停弾にも対処しやすい。またトリガーメカではなくソフトウェアで動作をコントロールできるので、外部の電子照準器などとの接続も容易である。既にアメリカ陸軍の研究機関が購入し、様々なテストが行われているという。

電子的にコントロールする火器といえば、過去には「MetalStorm」システムが存在していた。銃身の中に弾薬と発射薬が交互に挿入されており、電子制御で先頭のものから順番に着火、発射するというものだ。多銃身から一気に発射し、換算すると6万発/分という、機械式では不可能な凄まじい発射速度を実現していた。

Metal Storm - YouTube

Source: fdmunitions

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201810
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop