米陸軍がGlock19 Gen.3用にクリムゾントレース社(CTC)製『レーザーグリップ』×30個の調達を要求

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Crimson Trace Corporation (CTC)
米陸軍が1月30日付で、連邦事業機会(FBO: Federal Business Opportunities)の公告を通じて『グロック(Glock)19 Gen.3』ピストルに取り付ける『レーザーグリップ』×30個の調達を求めた要請略書を発出した。陸軍「任務・設備契約司令部(MICC: Mission and Installation Contracting Command)」のエンドユーザーより要求されたもので、陸軍での調達に限定されている。

Photo from Crimson Trace Corporation (CTC)


Photo from Crimson Trace Corporation (CTC)
なおレーザーグリップは、オレゴン州ウィルソンヴィルに本社を構える「クリムゾン・トレース社(CTC: Crimson Trace Corporation)」の型式『LG-417』が名指しされている。LG-417は、Glock19の他、17/22/23/31/32…等にも対応する後付け式のレーザー照準装置。トリガーハウジングピンとフレームグリップの末端を専用クランプによって噛み合わせることで簡単に取り付けができる。フロントストラップのちょうど中指の第二関節が当たる付近にスイッチ(アクティベイション・パッド)が配されており、射手がグリップを握るだけで簡単にレーザーが起動する。
なおMICCの調達要件には、マスタースイッチのON/OFF切り替えが必須となっている他、「ブラック」の色指定が記載されている。


This photo is for illustration purposes only.
コンシールドキャリーに適したコンパクトピストルであるGlock19と、握るだけで簡単に起動するレーザーグリップの組み合わせは、どのような部隊がどういった用途を求めて調達をおこなうのか興味が尽きないところ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop