NEWS

アメリカ陸軍の7.62mm「過渡的戦闘小銃」採用計画がキャンセルか

海外軍事 Comments(0)

Screen shot from PM Soldier Weapons Portfolio
アメリカ陸軍が、次期制式小銃採用までの「つなぎ」として採用を計画していた「過渡的戦闘小銃(ISCR)」について、陸軍上層部で計画中止が判断されたと報道されている。同計画は2017年8月4日に要求仕様が公開され、9月6日に締め切りを迎えたばかり。

参考:米陸軍が一般歩兵向けに「つなぎ」で最大5万挺の7.62mm新型小銃を採用へ。その要求仕様が公開 - ミリブロNews
銃器関連の話題に詳しいThe Firearm Blog(TFB)によれば、7.62mm口径の小銃を必要とする喫緊の課題が存在しないこと、要求仕様の詰めが不十分であること、上層部からの支持がないこと、国防省による計画アセスメントが行われていないことを挙げている。

Military.comでは、陸軍内で兵士向けの装備の開発を行うPEO Soldierのトップ、ブライアン・カミングス准将が「未だ死んではいない。その判断はされていない」とコメントしたと伝えている。

しかしまた同じ記事において、マイリー陸軍参謀長が計画の中止を判断しており、未だ計画終了の手続きが行われていないだけで、実質的には白紙撤回されたという情報も公開している。

実際に中止となったのか、本当であれば中止の原因は何なのかは分からない。当初は、共により強力なライフルを求めている海兵隊と共同でISCRを購入する予定であったのが、海兵隊が5.56mm口径のM27 IARの大幅追加配備を決定してしまったために立ち消えになった……という憶測もあるようだ。

Source: BREAKING: Army 7.62mm Rifle Program CANCELLED - ICSR is No More - The Firearm BlogThe Firearm Blog
Interim Service Combat Rifle, Army Says It's Not Dead Yet - Kit Up! Military.com

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201710
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop