NEWS

米税関国境警備局(CBP)が新型グロック拳銃用に9mm弾薬×3,290万発購入。今後5年で3億発以上の追加購入も視野に

海外軍事 Comments(0)
米税関国境警備局(CBP)が新型グロック拳銃用に9mm弾薬×3,290万発購入。今後5年で3億発以上の追加購入も視野に
Photo from U.S. Customs and Border Protection (CBP)
『米税関国境警備局(CBP: Customs and Border Protection)』が、オリン社(Olin Corporation)傘下の「ウィンチェスター弾薬社(Winchester Ammunition Inc.)」との間で、「9mm弾薬」×3,290万発・989万ドル(約9億8,000万円)の短期契約の合意を発表した。

CBPは2019年4月に、制式拳銃として9mm口径の第5世代グロック×3種を新たに採用する方針を発表している。

関連記事:
米税関・国境警備局が新型ストライカー式9mm拳銃の要求仕様を公開
CBPの親機関、国土安全保障省(DHS: U.S. Department of Homeland Security)は、来年下旬にも競争入札を実施し、今後5ヶ年において更に3億発以上・8,000万~1億ドルの追加購入の可能性もあるとしている。

関連記事:
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用

CBPはブルームバーグのメール取材に対して、「今回のグロックピストルへの移行により、銃器の信頼性を向上し、メンテナンス費用も削減、弾薬コストも5%近く削減され、そして拳銃本体の耐用年数は従来の11年から20年へと約2倍となる見込みだ」とし、リプレイスの効果に言及している。

Source: U.S. Border Patrol Buys 33 Million Bullets for New Glock Handgun

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop