NEWS

米海兵隊の実験部隊(RSTAC)によるスナイパー実地演習映像

海外軍事 Comments(0)



Photo: Courtesy Photo
米海兵隊・第1海兵師団が、カリフォルニア州フォート・アーウィンで2日におこなったスナイパー実地演習(Sniper FEX, Field EXercise)の映像を公開した。
訓練には、「連隊付きの偵察・目標捕捉中隊(RSTAC: Regimental Surveillance and Target Acquisition Company)」なる部隊が参加している。スカウトスナイパー(前哨狙撃兵)における実戦想定の訓練が設計されており、RSTACはその実験的な1個中隊という位置付け。


Photo: Courtesy Photo
.50 BMGを使ったバレットM107や、新型ボルトアクションのM40A6といったスナイパーライフルでの狙撃や、バラキューダネットが掛けられたポラリス社製の全地形対応車輌「レーザー」を使った移動の他、偵察・監視といった行動要領の確認がおこなわれている。

関連記事:
米海兵隊 M40 スナイパーライフルの最新バージョン「M40A6」

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達
L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得
ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領
アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
 インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達 (2019-01-15 13:39)
 L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得 (2019-01-11 17:51)
 ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領 (2019-01-10 16:15)
 アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示 (2019-01-09 16:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop