NEWS

米海兵隊が着用による怪我の可能性を調査するため『ダナー・レコニング・ブーツ』×700足を取り寄せ

海外軍事 Comments(0)

Photo from Danner Boot Company
米海兵隊システム司令部(MARCORSYSCOM)が、「ダナーブーツ社(Danner Boot Company)」から『レコニング・ブーツ(Danner Reckoning Boot)』×700足を取り寄せることが分かった。このブーツを着用することによる怪我の可能性を、現場の評価を経て分析調査することが目的となっている。

Screenshot from MARCORSYSCOM
下肢負傷の潜在的要因が存在するとも捉えかねないことから、マリーンコープスタイムズでは「人気の海兵隊ブーツが怪我を引き起こすかもしれない」とする見出しを掲げて紹介。タイムズはまた司令部側から寄せられた「特別なことではなく、単なる品質調査の一環でおこなったもの」とする主旨のコメントと、「返品は殆どなく、怪我をする隊員がいれば頻繁に起こるのではないか」とするダナー側におこなったインタビューの回答を掲載している。

司令部は2018年5月3日の配送を要求している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop