NEWS

米海兵隊が着用による怪我の可能性を調査するため『ダナー・レコニング・ブーツ』×700足を取り寄せ

海外軍事 Comments(0)
米海兵隊が着用による怪我の可能性を調査するため『ダナー・レコニング・ブーツ』×700足を取り寄せ
Photo from Danner Boot Company
米海兵隊システム司令部(MARCORSYSCOM)が、「ダナーブーツ社(Danner Boot Company)」から『レコニング・ブーツ(Danner Reckoning Boot)』×700足を取り寄せることが分かった。このブーツを着用することによる怪我の可能性を、現場の評価を経て分析調査することが目的となっている。
米海兵隊が着用による怪我の可能性を調査するため『ダナー・レコニング・ブーツ』×700足を取り寄せ
Screenshot from MARCORSYSCOM
下肢負傷の潜在的要因が存在するとも捉えかねないことから、マリーンコープスタイムズでは「人気の海兵隊ブーツが怪我を引き起こすかもしれない」とする見出しを掲げて紹介。タイムズはまた司令部側から寄せられた「特別なことではなく、単なる品質調査の一環でおこなったもの」とする主旨のコメントと、「返品は殆どなく、怪我をする隊員がいれば頻繁に起こるのではないか」とするダナー側におこなったインタビューの回答を掲載している。

司令部は2018年5月3日の配送を要求している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop