米海兵隊が直伝、新型プライマリー弾倉『PMAG』をポーチに簡単に馴染ませる方法

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米海兵隊が新型プライマリー弾倉の『PMAG』を、ポーチに簡単に馴染ませる方法を映像で紹介している。海兵隊は2017年1月、マグプル社のポリマー弾倉である「PMAG(Magpul Gen3 Polymer Magazine)」を全軍で使用することに承認、以降プライマリー弾倉として利用している。

関連記事:
アメリカ海兵隊がマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の使用を全軍に承認
そのままではポーチにフィットせず、弾倉交換時に引き抜き難さがある。映像ではコミカルに誇張しているようにもみえるが、サバイバルゲームのフィールドにおいても、同様の苦い経験をしたことのある諸兄も多いはず。

やり方はまず、弾倉2本の収納が可能な「ダブルマガジンポーチ」単体を水に浸すことから始まる。続いて水に浸ったポーチを引き上げ、弾倉2本とその間に「スペーサー」を咬ましている。ここでのオススメはどこでも入手可能な「ペン」。
浸水によってポーチの繊維を伸ばし、フラップを閉じて固定。そのままの状態で日光の下に晒して乾燥させる。

こうすることで弾倉がポーチに素早く馴染み、スペーサーを挿入した幅分が指先で掴み取るに丁度良く、マガジンチェンジの所作が素早くおこなえるようになる。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
 電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン (2018-10-25 13:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop