米四軍と『沿岸警備隊』もシグ社の「MHS」を発注

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo by Petty Officer 2nd Class Tara Molle
This photo is for illustration purposes only.
米四軍(陸・海・空・海兵)だけでなく『沿岸警備隊(Coast Guard)』もシグ・サワー(SIG Sauer)社製の『モジュラー・ハンドガン・システム(MHS: Modular Handgun System)』の発注をおこない、海兵隊・空軍・海軍と共に今年末から来年初めに掛けて配備される見込みにあることが分かった。
大手軍事情報サイト「ミリタリードットコム」が、シグ社幹部へのメールインタビューを実施し、その回答内容を明かしている。

Photo by Staff Sgt. Taresha Hill
陸軍との契約の中で、その他軍での購入も確認済とのこと。陸軍は195,000挺のMHSピストルを購入予定で、その大部分はフルサイズモデルである『M17』になるとみられている。また海兵隊については、35,000挺(@単価180ドル(=約1.9万円))の購入予算を計上しており、コンパクトモデルの『M18』を求める傾向にあるようだ。

関連記事:
米海兵隊が2019会計年度で陸軍の新型MHS×35,000挺の購入予算を計上

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約
米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米移民税関捜査局(ICE)がフェデラル・アミュニション社との間で「.223レミントン弾」と訓練弾×約85億円の供給を契約 (2018-12-13 12:16)
 米陸軍特殊部隊の教育施設「J.F.K.特殊戦センター」が約5億ドルの予算で施設更新中 (2018-12-12 16:46)
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop