NEWS

米海軍特殊部隊SEAL初の女性志願者が評価・選抜プログラムの中で脱落

海外軍事 Comments(0)

DoD photo by Petty Officer 2nd Class Shauntae Hinkle-Lymas, U.S. Navy.
This photo is for illustration purposes only.
米海軍特殊部隊の精鋭SEALを目指していた初の女性志願者が、評価・選抜(SOAS: SEAL Officer Assessment and Selection)プログラムの中で脱落していたことが分かった。退役軍人情報サイトのタスク&パーパスが伝えている。
SEAL士官を目指す女性志願者の存在については、今年6月におこなわれた「軍務に就く女性に関する防衛諮問委員会(DACOWITS: Defense Advisory Committee on Women in the Services)」の席上で明かされており、初期過程を夏後半にも修了し、10月1日より選抜課程が始まる予定にあった。

関連記事:
米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop