NEWS

アメリカ軍SOCOMがサイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」を再開

海外軍事 Comments(0)
アメリカ軍SOCOMがサイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」を再開
U.S. Army Photo by Angie DePuydt
先日、中止となったアメリカ軍特殊作戦コマンド(SOCOM)のサイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」について、その後SOCOM傘下のアメリカ軍統合特殊作戦コマンド(JSOC)が計画を引き継いでいたことがわかったが、再びSOCOMの管轄になったことが明らかになった。

関連記事:
サイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」の入札が中止に
アメリカ軍統合特殊作戦コマンドが新型機関銃・狙撃銃・静音自動小銃の導入を計画中
NDAD社の5.56mm/300BLK兼用のAR-15用サプレッサー一体型アッパーレシーバー
SURGの開発については、これまで紹介してきたように軍の研究機関・民間企業を問わず様々なアイディアが出されたが、それでも軍の要求を満たすレベルのものが提出されなかったため中止されたという経緯がある。計画が実現したとしても私達の目に触れるのは当分先のことになると思われるが、どのように高い静穏化とコンパクト化の両立が達成されるのかが楽しみだ。

Source: Suppress Upper Receiver Group - H92222-17-R-0011 - Federal Business Opportunities: Opportunities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201703
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop