NEWS

アフガニスタンに展開した米軍特殊部隊は6ヶ月間で2,000回以上のミッションを実施

海外軍事 Comments(0)

Photo by Sgt. 1st Class Silas Toney
This photo is for illustration purposes only.
米軍特殊部隊がアフガニスタンで関与した作戦回数が、6ヶ月間で2,000回を超えていたことが分かった。
これは国防総省が1日付で発出した「アフガニスタンにおける安全保障と安定の強化」と題した資料の中で明らかにしたもので、6月1日から11月24日までの期間において、特殊作戦統合任務部隊(SOJTF-A: Special Operations Joint Task Force-Afghanistan)内の戦術指南などで2,175回、また現地治安特殊部隊に混ざって261回の動的攻撃をおこなっていたことが示されている。
これら特殊作戦の多くは、ISIS-K、タリバン、ハッカニネットワークといったテロ指定組織への対策として実施されている。一方、アフガニスタンの治安特殊部隊においては、2,628回の作戦をおこなっているものの、単独での遂行は地上作戦×453回、空からの攻撃×456回だった。

またアフガニスタンに限らず、アフリカや中東、アジアに跨りテロ組織との戦いの為、文字通りの「引っ張りだこ」になっており、オバマ政権下の2016年では世界196ヶ国中の138ヶ国への展開だったが、今や戦史で新記録となる149ヶ国にまで拡大している。

関連記事:
特殊作戦の需要急拡大で疲弊する米軍精鋭隊員。SOCOMは「栄養補助食品」「薬物」の利用で急場しのぎを模索か

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
 米ADS社 L3社と共同で『PVS-14』暗視装置の延命補修プログラムを提供開始 (2018-11-08 19:26)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop