NEWS

米軍がフィリピンの「海兵特殊作戦グループ(MARSOG)」に防弾装備一式×525セットを提供

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Embassy in the Philippines
在フィリピン米大使館は6日、米軍がフィリピンの「海兵特殊作戦グループ(MARSOG: Marine Special Operations Group)」とフォート・ボニファシオの沿岸警備大隊に対して、新たな兵士防護装備(PPE: Personal Protective Equipment)一式を提供することを明かした。

関連記事:
シュアファイア社がミンダナオ島のIS系組織「マウテ」討伐の為、フィリピン海兵隊にウェポンライト等を提供
「テロ対策訓練装備計画」に基づく品々となり、防弾ベスト、軽量防弾プレート、戦闘防弾ヘルメットおよびそのアクセサリー類から成る計525セット、総額340万ドル(=約3億7,000万円)相当が提供される。

「テロ対策活動の支援」と、『南部地域における多国間の脅威に対抗すること』が、その目的として挙げられており、海兵隊の中でもこれら任務の中心的役割を担うMARSOGの戦力強化に繋げたい考え。

関連記事:
ドゥテルテ比大統領が米国 M16 ライフル×26,000 挺の購入をキャンセル。ロシアから代替品購入を検討か

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop