NEWS

国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘

海外軍事 Comments(0)
国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
Photo from HyperStealth Biotechnology
米国のアフガニスタン復興担当特別監察官(SIGAR: Special Inspector General for Afghanistan Reconstruction)が21日付で、適切なテストと評価を行わずにアフガニスタン陸軍(ANA: Afghan National Army)に向けた森林迷彩パターン戦闘服の選択・設計の監督をおこなったことで、米国民の2,800万ドル(=約31億円)におよぶ血税が無駄遣いされていたことを発表。国防総省に非難の声が寄せられている。
2007年、アフガニスタン国防省が新たな迷彩服の開発に乗り出している。その背景にあるのは、それまでの6年間において悩まされてきたタリバンによるテロ攻撃が挙げられる。当時、アフガニスタン軍の一般部隊・特殊部隊では、米陸軍のウッドランド迷彩の戦闘服を使用していたが、これを入手したタリバンがテロ攻撃の際に悪用。紛れ込む事例が多発していた。その事態を重く見た米国をはじめとする多国籍軍が、アフガニスタン治安部隊の整備と訓練に乗り出す中で、数百万ドル規模の予算を投じており、迷彩服の新規手配もその一環に含まれていた。

新型の戦闘服は米陸軍で支給されていた戦闘服(ACU: Army Combat Uniform)に類似したものの、ファスナーからボタン仕様に変更されるなど、コストは遥かに高いものとなっていた。

国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
Afghan Defense Minister Abdul Rahim Wardak, center-left
Photo Credit: Courtesy photo
当時、アフガニスタンで国防大臣とその後に大統領のシニア軍事顧問という要職を任命されていた「アブドゥル・ラヒム・ワルダック(Abdul Rahim Wardak)」氏が今回の件の渦中になる人物だ。ワルダック国防大臣は、カナダの迷彩開発企業、ハイパーステルス・バイオテクノロジー社(HyperStealth Biotechnology Corp.)製の「スペックフォース・フォレスト(Spec4ce Forest)迷彩」を大そう気に入り選定している。SIGARのレポートによると、その選定理由に技術的根拠はなく、大臣がネットで見た際に「これがイイ!」と気に入ったためという呆れた理由だったことが示されている。

国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
Spec4ce Camouflage Pattern Options

国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
A Selection of the U.S. Government-Owned Camouflage Patterns Available at the Time

一報を掲載したUSAトゥデイのインタビューに対してSIGARの監査官は、「国防大臣が良いと思っただけで、無駄遣いされるなんてたまったもんじゃない。もし彼がピンクや黄緑といった奇抜なカラーが良いと思えばそうしたのだろうか?」と呆れ混じりに応えている。

当然のことながら、迷彩戦闘服は展開する地域の環境に適応した「迷彩効果」が高いものでなければならず、本来、採用に至るまでの評価・試験は、厳しい基準に即して実施さる。アフガニスタンの場合、国土の実に98%が砂漠地帯であるわけなので、普通に考えればデザート迷彩パターンが採用されるが、採用されたのはそれとは植生が真逆の森林パターン。このことからも、今回の選考過程が如何に杜撰(ずさん)であったかが明白として厳しく追及されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop