NEWS

特殊作戦軍に女性兵士がいなくなる?:米空軍

海外軍事 Comments(0)

TACP candidates train at Hurlburt
U.S. Air Force photo/Senior Airman Naomi Griego
Image is for illustration purposes only.
オバマ大統領が行った「偉業」(?)のひとつが、女性兵士の戦闘部隊への配属を法制化したことである。この法制化により、陸海空・海兵隊のさまざまな分野・部隊で女性兵士の登用が行われた。

関連記事:
米陸軍レンジャースクールで女性 2 人が史上初の卒業。海軍特殊部隊 SEALs でも女性に門戸開放を検討
米海兵隊特殊部隊 MARSOC の選抜過程に 1 名の女性志願者が踏み止まる
アメリカ空軍のエアマン(CCT、PJ、TACP,気象予報官)の分野にも女性登用が行われ、18名の女性兵士が訓練課程へ進むことを検討し、2名が実際に志願した。2名は、「私は最初の女性TACPとなる訓練に参加できることを誇りに思います」。とコメントしていた。


U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Cecilio M. Ricardo Jr.
Image is for illustration purposes only.
しかしながら、2名のうち1名は、訓練課程に入る前の身体的・精神的チェックで不合格となって原隊へ戻され、のこり1名も7月の訓練で負傷し、現在は訓練に参加していない。(訓練課程には残っている)

これで、エアマン養成課程に女性兵士が事実上いなくなった。

もちろん、空軍では引き続き女性兵士の志願者を募っているが、トランプ次期大統領は、戦闘部隊への女性兵士の参加に反対の姿勢をとっており、将来的に、女性のCCT、PJ、TACP,気象予報官が誕生しない可能性もある。

Text: 友清仁 - FM201612

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop