NEWS

米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用

海外軍事 Comments(0)
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
Photo by Glock
アメリカ合衆国国土安全保障省(USDHS)麾下のシークレットサービスは新たに制式拳銃としてグロック19 MOS Gen5とグロック47 MOS Gen5を採用することが明らかになった。先般、同じくUSDHSの下部組織である米税関・国境警備局(CBP)が採用したものと同じ拳銃を使用することになる。

直接警護にあたる私服チーム、制服チームについてはグロック19 MOS Gen5にTLR-7を加えたもの、突入などを担当するスペシャルオペレーション部門についてはフルサイズスライドのグロック47 MOS Gen5にX300を装着したものが支給される。

グロック19 MOS Gen5と同時に採用されるグロック47。画像はCBPに納入されたモデル。グロック19とスライドが交換可能になっている。
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
Photo courtesy of The Firearms Blog

参考:米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 - ミリブロNews
GLOCK MOS Configuration Instructional Video - YouTube

シークレットサービスは1998年から.357sig口径のP229を使用している。当時、9mm弾とそのプラットフォームについて、特に薬物の影響下にある対象に対する有効性が議論されていた。そのため.40S&W口径など、装弾数と威力のバランスをとった中間的な弾薬を使用するプラットフォームがブームとなり、P229もその流れの中で採用された。旅客機に他の乗客に混ざって乗り込んで警備するエアマーシャル達もまたP229を採用していたことで知られている。

2014年ごろにFBIが9mm口径弾薬の再評価を行い、.40口径などを使用してきたUSDHSの各組織もまた9mm口径の採用が続くなど法執行機関では9mm口径はデファクトスタンダードとなった感がある。

米軍の新制式ハンドガン「XM-17」にホローポイント弾頭が採用される可能性が高まる - ミリブロNews
法執行機関向け「グロック17M」の写真がリーク - ミリブロNews

Source: US Secret Service Adopts Glock 19 MOS Gen 5 in 9mm - Soldier Systems Daily

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201908
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop