NEWS

ウクライナ国営企業が小型の戦術多用途陸上無人機「ファントム」を発表

海外軍事 Comments(0)
ウクライナの国営貿易企業「スペツテクノエクスポート (SpetsTechnoExport) 」社が、遠隔からの操作を可能とする小型の戦術多用途陸上無人機「ファントム (Fantom) 」を発表した。
ウクライナ国営企業が小型の戦術多用途陸上無人機「ファントム」を発表
Capture screen: via SpetsTechnoExport

ウクライナ国営企業が小型の戦術多用途陸上無人機「ファントム」を発表
Capture screen: via SpetsTechnoExport
昼夜対応の光学システム搭載により、日中は最大 2 キロメートル、夜間でも 1 キロメートル以上の視認ができる。また遠隔操作については、最大 20 キロメートルを可能としている。そして主武装には 12.7mm 重機関銃を装備。また高精度の対ミサイル武器を備え付けることも可能とのこと。加えて、上空で偵察している無人機とのリンクも可能としている。

装甲兵員輸送車 (APC: Armoured Personnel Carrier) をそのまま小型化したようなこの 6 輪車は、30 キロワットを生み出すハイブリッドエンジン搭載。最高速度は時速 38 キロメートルとなっている。

予備の武器や弾薬を兵士に代わって輸送するだけでなく、負傷兵が発生した際の運搬車輌など多用途な活躍が期待されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop