UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
実銃メーカーのライセンスを取り扱うUMAREXが、IWA2019の開催に合わせて「G19X」と「G19 gen.4」のガスブローバックモデルを発表した。
共にグロック社の正式なライセンスを得ており、中でもG19Xは初のエアガン化だ。

関連記事:
グロック社「グロック19X」ほか第5世代グロックの新製品を発表
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
Screenshot from Umarex official YouTube channel
G19XはG19サイズのスライドとG17サイズのフルサイズフレームを組み合わせたタンカラーのモデル。細部は現行のgen.5とほぼ共通で実質的にgen.5仕様の初ガスブロ化だ。
ただしパワーソースはCO2、1.8ジュール仕様とのこと。現段階では、あくまでも日本国外での製品と受け止めなければならない。
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
Screenshot from Umarex official YouTube channel
CO2マガジンは自重落下に加えてアシスタントスプリングも装備。水平角度でもスルッと飛び出る。
シリアルプレート部はマニュアルセフティ。
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
Screenshot from Umarex official YouTube channel
マニュアルセフティがないと玩具扱いができない国があるためだろうか。
動作シーンを見るとブローバックは実銃の半分ほどのストローク。
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
Screenshot from Umarex official YouTube channel
リアルさを考えるとちょっと残念な仕様かもしれない。

お次はガスブローバックのG19 gen.4。
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
Screenshot from Umarex official YouTube channel
134aなどフロンガスのリキッドチャージ式で既存モデルの大幅なアップデートモデル。製造はVFCとのこと。
特徴は細部まで再現された高い完成度だろう。
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
Screenshot from Umarex official YouTube channel
全長174mm、重さ604g、インナーバレルはアルミ製の6.03mm、装弾数は19発。
2500発のテストでは内部パーツの摩耗は確認されなかったという。
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
Screenshot from Umarex official YouTube channel
もちろんブルーバックはフルストローク。
興味深いのはHOP調整の方法。
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
Screenshot from Umarex official YouTube channel
六角レンチで銃口側からリコイルスプリングガイドを回転させて調整するシステムとなっている。

どちらのモデルも価格や販売日は未定。

Text: 乾宗一郎 - FM201903

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成
エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか?
【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン
「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
 サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成 (2019-10-09 12:20)
 エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか? (2019-10-02 19:22)
 【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン (2019-10-01 10:32)
 「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開 (2019-09-27 18:59)
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop