VFCが2018年度版の製品カタログで「G3A3」のガスブローバックモデルを発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Vega Force Company (VFC)
台湾エアソフトメーカーの「VFC(Vega Force Company)」が2018年度版の製品カタログを発表。その中に「HK G3 GBBR」が含まれていた。


Photo from Vega Force Company (VFC)
Click to enlarge
写真からは、ドイツ軍で一般的に運用されていた、グリーンの樹脂製ストック・ハンドガードが特徴の「G3A3」であることが分かる。G3A3のガスブローバック製品は初のモデル化。VFCはスチールプレスのMP5 GBBを開発しているため、そのノウハウが今回のG3の製品化に当たって投入されるものと推測できる。また、7.62x51mm NATO弾の弾倉を再現することから、ガス供給の安定性にも期待できそうだ。
ドイツのライセンスホルダーである「ウマレックス(Umarex)」を通した、本家「ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)」による、アジア圏のみを対象としたライセンス品であることが示されている。販売国における法令準拠品とするため、銃口初速を調整して出荷する対応がおこなわれるとのこと。

HK G3 GBBR(VF2-LG3-OD01)
全長:1,027mm
バレル長:455mm
重量:3,270g
弾:6mm BB弾
装弾数:30発
価格や販売時期、その他製品諸元の詳細については現在のところ未確認。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
 電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン (2018-10-25 13:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop