NEWS

108名の移民を救助したタンカーが乗っ取られ特殊部隊により奪還。マルタ軍がヘルメットカムの映像を公開

海外軍事 Comments(0)
リビア沖でタンカーに救出された移民がそれを乗っ取り、軍特殊部隊の襲撃によって主犯格の男5名が拘束された。特殊部隊員を派遣したマルタ軍は先日、タンカーに乗り込む隊員のヘルメットカム映像を公開している。
3月26日夜、パラオ船籍のタンカー「エルヒブルI(Elhiblu I)」号が108名の移民を救助。リビア首都トリポリへ帰還しようとしたところ、移民らはそれを拒否しタンカーをジャック。船長以下を脅迫しマルタへ向かうよう指示した。

事態を把握したマルタ海軍が現場へ急行。特殊部隊員がタンカー内に展開し、ほどなくして船内を掌握。容疑者の身柄確保に至っている。


本件についてはミリブロTwitter/FaceBookでもお届けしているが、当時の速報ではエルヒブルI号を「トルコ船籍」のタンカーとして紹介している。しかしこれは誤りとなり、正しくは「パラオ共和国船籍」となる。なおトルコ・ラジオ・テレビ協会(TRT)によると、エルヒブルI号は「2015年にトルコのある企業により売却された」とのこと。

Source: 移民を救出したタンカーが乗っ取られる、移民の男5人逮捕 マルタ, 【リビア沖タンカー乗っ取り事件】 「テロ罪」として裁判へ

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop