NEWS

108名の移民を救助したタンカーが乗っ取られ特殊部隊により奪還。マルタ軍がヘルメットカムの映像を公開

海外軍事 Comments(0)
108名の移民を救助したタンカーが乗っ取られ特殊部隊により奪還。マルタ軍がヘルメットカムの映像を公開
リビア沖でタンカーに救出された移民がそれを乗っ取り、軍特殊部隊の襲撃によって主犯格の男5名が拘束された。特殊部隊員を派遣したマルタ軍は先日、タンカーに乗り込む隊員のヘルメットカム映像を公開している。
3月26日夜、パラオ船籍のタンカー「エルヒブルI(Elhiblu I)」号が108名の移民を救助。リビア首都トリポリへ帰還しようとしたところ、移民らはそれを拒否しタンカーをジャック。船長以下を脅迫しマルタへ向かうよう指示した。

事態を把握したマルタ海軍が現場へ急行。特殊部隊員がタンカー内に展開し、ほどなくして船内を掌握。容疑者の身柄確保に至っている。


本件についてはミリブロTwitter/FaceBookでもお届けしているが、当時の速報ではエルヒブルI号を「トルコ船籍」のタンカーとして紹介している。しかしこれは誤りとなり、正しくは「パラオ共和国船籍」となる。なおトルコ・ラジオ・テレビ協会(TRT)によると、エルヒブルI号は「2015年にトルコのある企業により売却された」とのこと。

Source: 移民を救出したタンカーが乗っ取られる、移民の男5人逮捕 マルタ, 【リビア沖タンカー乗っ取り事件】 「テロ罪」として裁判へ

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する
「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討
米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー
小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中
米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に
米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 装備を取るか、機動力を取るか…15ポンド(約6.8Kg)の重量増加で海兵隊分隊の兵力1名が損耗する (2019-06-13 16:13)
 「腰痛」の原因になる―米陸軍に続き海兵隊の体力試験で『腹筋運動』廃止を検討 (2019-06-12 17:40)
 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー (2019-06-11 16:25)
 小火器の大幅な小型化・高初速化を可能にする新型銃身とブリーチを米陸軍が開発中 (2019-06-11 14:04)
 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に (2019-06-07 19:45)
 米海兵隊が歩兵向けに軽量な『統合ヘルメットシステム(IHS)』取得に向けた情報提供を呼び掛け (2019-06-07 13:31)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop