WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
台湾で開催されたMOA(Military Outdoor Airsoft Exhibision)においてWE Airsoftが新製品として出展した「HUDSON H9」が話題となっている。
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
Screenshot from crwairsoft YouTube channel
H9は1911スタイルでストライカー方式の9mmピストル。頭でっかちなシルエットはリコイルスプリングの位置を可能な限り下げるためだ。
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
Screenshot from crwairsoft YouTube channel
このH9をWEが初のエアガン化。カラーはブラックとタンカラー、ガスブローバックとしてモデルアップした。

内部機構はグロックなどと同じくストライカー方式からハンマー方式にリファイン。
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
Screenshot from crwairsoft YouTube channel
リコイルスプリングがギリギリまで下方に寄せられているのが分かる。動画を見る限り実銃同様リコイルをうまく抑えているようだ。
価格や発売時期には特に触れていないが間もなくのリリースといわれている。

また北米の大手ディーラーEvikeもEMGブランドとして紹介動画をアップしている。
この動画を見ると各部に仕上がりやリアルさはかなりのものと思われるがスライド・フレームは共に金属素材の模様。
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
Screenshot from Evike.com Airsoft YouTube channel
WE版の方もこれと同じ仕様であれば日本国内での発売は不可能となる。

Text: 乾宗一郎 - FM201812

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」
【PR】1人で簡単に装着できるAVANTEのアイデア新製品『スマートマーカー』
廃墟となったショッピングモールが戦場。米国の壮大なサバイバルゲーム
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
「銃」と「ナイフ」はどちらが強いのか
6/15(土)・16(日)に東京・秋葉原で『トレーニングウェポンフェスティバル(TWF)』が初開催
 ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」 (2019-06-20 08:56)
 【PR】1人で簡単に装着できるAVANTEのアイデア新製品『スマートマーカー』 (2019-06-19 16:41)
 廃墟となったショッピングモールが戦場。米国の壮大なサバイバルゲーム (2019-06-19 12:24)
 PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催 (2019-06-17 10:08)
 「銃」と「ナイフ」はどちらが強いのか (2019-06-14 17:48)
 6/15(土)・16(日)に東京・秋葉原で『トレーニングウェポンフェスティバル(TWF)』が初開催 (2019-06-10 16:35)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop