NEWS

アメリカ海軍研究局 150kW級レーザー兵器の試験でUAVの撃墜に成功

海外軍事 Comments(0)
アメリカ海軍研究局 150kW級レーザー兵器の試験でUAVの撃墜に成功

USS Portland Downs Drone With Laser - YouTube


アメリカ海軍太平洋艦隊と海軍研究局(ONR)はLaser Weapon System Demonstrator (LWSD……レーザー兵器システム実証試験機) MK 2 MOD 0を揚陸艦USSポートランドに搭載して試験を行い、UAVの撃墜に成功したと発表し映像を公開した。

LWSDはONRとノースロップ・グラマン社が中心となって開発した高エネルギーレーザーシステム。エネルギー供給システムと艤装はNSWCダールグレンおよびポート・ヒューニーメが行った。

アメリカ海軍では1960年代からレーザー兵器の研究を重ねている。ミサイルや砲弾といった実体弾では発射速度や搭載量に限界があるが、レーザー兵器ではこの問題がない。LWSDの場合、1発あたりのエネルギー量は軽油換算で1ガロン(約4リットル弱)ほどといい、洋上での補給が難しい軍艦にとって、ミサイルやUAVなどの対抗手段に適した兵装となる。
海軍は他にもレールガンや電磁式カタパルトといった既存兵装・設備の電化について研究を行っている。いずれも潤沢な電力が必要であるが、近い将来に

関連記事:
米海軍、「レールガン (Railgun) 」を初めて一般公開 - ミリブロNews
米海軍、電磁式カタパルトでの戦闘機射出実験に成功 - ミリブロNews

Source: USS Portland conducts Laser Weapon System Demonstrator Test | Commander, U.S. Pacific Fleet

Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop