【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 【PR】 レポート Comments(0)
「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープンとなった。
初心者から上級者まで楽しめる屋外CQBフィールドと、現在鋭意建設中の併設「屋内フィールド」が近く利用可能となる。

combazonesierra(コンバットゾーンシエラ)
https://www.combatzonesierra.com/

屋外フィールドは35m×65mで全体的に起伏が少なく、フルオートでのゲームも視野に入れており、ロングレンジでの交戦も可能な作りとなっている。流動的なゲーム展開を可能とするバリケードの間隔を保っており、いわゆる「強いバリケード」「絶対的に優位なポジション」が存在しない設計だ。そのため初心者から上級者まで楽しめるのが特徴。またプレイヤーの動向次第でマップを随時更新するとのこと。
現在建設中の併設屋内CQBフィールドは広さ13m×27m。天候に左右されることなく、また仲間内でも手軽に楽しめる。こちらは5月中のオープンを目指している。

試射レンジは、屋内に作られた12m×15mの広さを持ち、無風の中でスピードシューティング系の競技や、タクティカルトレーニングなど幅広く活用できそうだ。

セーフティエリアは、屋内2階・ 35名まで広々と使用できる設計。姉妹店combatzonekyotoと同様に、セーフティエリアからフィールドを一望できることから、休憩中であってもゲームの動きを見ながらイメージトレーニングにも役立ちそうだ。

トイレは男女計2基の水洗・ウオシュレットが用意されている。

電子レンジ、ポット、マガジンウォーマーといった設備も整っている。

駐車場は25台の駐車を可能としている。

万人受けするフィールドの提供は非常に難しいが、初心者から上級者まで安全で楽しめるフィールドとして関西系で多くのプレイヤーから支持を集めてきたコンバットゾーン京都のプロデュースだけに、今回の新鋭フィールドには大きな期待が寄せられる。

コンバットゾーンシエラ
〒520-051 滋賀県大津市八屋戸2291-2

combazonesierra(コンバットゾーンシエラ)
https://www.combatzonesierra.com/


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催
フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
 東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催 (2019-04-22 12:28)
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催 (2019-04-05 18:22)
 フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表 (2019-04-05 18:02)
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop