スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ある日、ミネソタ州のカーク・ジェルベルグは銃をホルスターに挿し、上着を着てレストランに出かけた。彼はコンシールキャリー(銃を隠しての携帯)の許可を受けおり、そうすることは法的に何の問題もなかった。

しかし、食事をしていた彼の横を通りかかった子どもがはだけた上着の下から見える銃を指して「ママ!あの人銃を持ってる!」といってしまった。周囲は彼をまるで乱射魔のような目で見るようになった。

カークはこの体験からより小さく、携帯しやすく、露出しても恐怖感を与えない銃が必要だと考えた。それには誰も持ち歩く道具に見えるものがよい……かくして「Ideal Conceal」は誕生した。

携行許可はあっても、既存のハンドガンは持ちにくいと考えて携行していない人は多い。そんな人に「Ideal Conceal」はウケたようだ。コンセプトデザイン公開とともに予約が殺到しており、現在、クラウドファンディングにて資金の調達を行っている。

日常生活の中でさり気なく携行、スマートフォンの形をした小型拳銃コンセプト - ミリブロNews
「Ideal Conceal」は2連発銃身とハンマーを樹脂カバーで覆った.380口径の2連発ハンドガンである。折りたたむと四角い形状によってポケットに入れた際もひっかからない「スナッグフリー」な形状になり、トリガーをカバーするため暴発も防げる。

メカニズムは非常にシンプルだ。トリガーを引くと連動したハンマーがスプリングを圧縮し、一定以上引くとリリースされ雷管を叩く。ハンマーの背面にはラチェットがあり、ハンマー後退時に突起とひっかかることで回転、ギアを回すことで発射するバレルを切り替える。なお、セミオート型をリリースする予定もあるようだ。

内部メカを紹介する動画
Ideal Conceal Crowdfunding Opportunity

ラチェットとギアが動作する様子
GEAR DRIVE


既に実射にも成功している。
SHOTS FIRED!

「携帯電話型ハンドガン」は昔からあるアイディアだ。アメリカ陸軍の対テロマニュアルでも、注意すべき隠し武器として紹介されている。
Cell Phone Gun

また四角い形状にして携行するアイディアも、財布型の「Wallet Holster」などがある。

Photo from Kevin's Concealment Holsters

最近ではTaurus社がこのようなデザインの小型ハンドガン「Taurus Curve」を発売していたのが記憶に新しい。

Taurus社、セルフディフェンス向け小型ハンドガン「Taurus Curve」を発表 - ミリブロNews
TAURAS「CURVE」の実射&最速レビュー映像が公開 - ミリブロNews

スマホ型は携行しやすい反面、悪用しやすい、子どもがうっかり触ってしまうなど批判する声も多い。何より問題なのは「落としやすい」ことだ。スクリーンの割れたスマートフォンを多く目にするだけに、由々しき課題であるといえる。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201706
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催
フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表
【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
 東京サバゲパークのオープン5周年を記念したスペシャルイベントが開催 (2019-04-22 12:28)
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催 (2019-04-05 18:22)
 フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表 (2019-04-05 18:02)
 【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン (2019-04-02 19:23)
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop