NEWS

【DEFEA2021】ギリシャ企業が武装ロボット「犬」を公開

海外軍事 Comments(0)
【DEFEA2021】ギリシャ企業が武装ロボット「犬」を公開
Dogo armed robot (For Illustration Purpose Only)

 ギリシャで行われた展示会DEFEA2021(Defence Exhibition 2021)にて、ジェネラル・ロボティクス社(ギリシャ)は「Dogo(犬)」という名称のロボットシステムを公開した。

 当製品は偵察および殺傷・非殺傷攻撃を目的に設計されており、非常に軽量(11.5 kg)である。近接戦闘(CQB: Close Quarter Battle)への導入が有効とされており、対テロ作戦・市街戦・トンネルや地下での戦闘・偵察哨戒任務など幅広い活躍が見込まれている。

 武装として、グロッグやシグ・ザウエルといった自動拳銃を搭載可能であり、ロボットの上部に載せて運用する。戦闘の際には、遠隔操作による照準・射撃が可能である。

【DEFEA2021】ギリシャ企業が武装ロボット「犬」を公開
Dogo armed robot using stun illumination (For Illustration Purpose Only)

 複数種類のカメラとセンサーを搭載することで、小型であっても日中および夜間における広範囲の状況認識が可能となった。

 加えて、2000ルーメンの出力で照射可能なライトは、有効距離が日中で5m、夜間で10mとなっている。

【DEFEA2021】ギリシャ企業が武装ロボット「犬」を公開
Remote control unit directing a Dogo armed robot (For Illustration Purpose Only)

 DEFEA2021では様々な分野の軍事製品が多数展示され、活気ある技術交流の場となっている。
松井の所見:
 本記事で紹介された小型ロボットは、シンプルな構成だが、非常に実用的だと思う。自律型兵器と比べればハイテクとは言えないかもしれないが、今までできなかったことやリスクが大きいために決断が難しかった場面において、新しい選択肢となる可能性が大いにある。コスト面においても、他の中型・大型ロボットや多数の武装を搭載した小型兵器よりも低く抑えられると思われる。低コストで扱いやすい上に、人に対するリスクも減らせることから、当製品は非常に良い製品であると思う。

出展: アーミー・レコグニション


元自衛官・警察官・PSCのYoutubeチャンネル『ガチタマTV』

↓こちらをクリックするとYoutube動画一覧に移動します↓
【DEFEA2021】ギリシャ企業が武装ロボット「犬」を公開


Matsu (@mattsannENG)
原子核工学を専攻し、量子光学まで専門性を発展させる。その後、航空系防衛製品の輸入関連に従事。現在は田村装備開発(株)のミリブロ担当としてNews記事を執筆している。
公式ホームページ
サバゲーフィールドT-MOUT
Youtubeチャンネル


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表
NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発
イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発
米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
 台湾が105mm砲搭載の新型装甲車の開発を発表 (2021-08-03 18:51)
 NATO保守整備補給機関がドローンとレーダーによる弾道ミサイル追跡システムを開発 (2021-08-01 18:04)
 イランが新型のコンテナ積載型地対地ミサイルシステムを開発 (2021-07-31 16:21)
 米国のAI技術企業が無人機開発会社を買収 (2021-07-30 13:58)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop