NEWS

イランが新型の対巡航ミサイル防衛システムを公表

海外軍事 Comments(0)
イランが新型の対巡航ミサイル防衛システムを公表
9-Dey air defense missile system launcher unit (For Illustration Purpose Only)

 イラン革命防衛隊は3つの新型兵器を発表した。ドローン、レーダー、そして改良型の9-Dey防空ミサイルシステムである。この9-Deyは地対空ミサイルであり、弾道ミサイル・UAV・ヘリコプターなどの空からの脅威を迎撃するために設計されている。

 この防空ミサイルシステムは改良された新型9-Deyミサイルと、"Khordad 3"と呼ばれる防空システムで使用されるレーダーおよび発射機で構成されている。短~中射程であり、戦闘機・ヘリコプター・ドローンに加えて高速巡航ミサイルや航空機から投下された爆弾など様々な目標に対して有効である。

公表されたミサイルの仕様は下記の通り
全長 :3.5~4 m
直径 :25 cm
重量 :200 kg
速度 :マッハ3 ~ 4 (推定)
推進剤:固体燃料
その他:レーザー近接信管

 また、このシステムはレーダーに加えて熱源イメージセンサーと光学探知機を備えており、移動可能である。ミサイルランチャーは最大8発が同時に発射体制に入ることができ、レーダーはどの発射機からも独立している。これにより、複数の目標を同時に迎撃可能である。

 このシステムは各大隊に配備され、それぞれが最大32の目標に対して同時に迎撃可能となるよう調整されている。

 最近では、ハマスのロケット弾攻撃に対してイスラエルがミサイル防衛システム"アイアンドーム"で対抗した。このように、対空兵器は社会情勢に応じて進化を遂げている。軍用航空機やミサイル等の発展が著しい一方で、地上兵器の発展もまた着実に進んでいる。


Source: Iran unveils new home-made 9-dey anti-cruise missile defense system - Army Recognition

Matsu (@mattsannENG) 田村装備開発のミリブロ担当。
公式ホームページ
サバゲーフィールドT-MOUT
Youtubeチャンネル


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop