ネヴァダ州ハイウェイパトロールがシグ社のP320プロキャリーを制式拳銃に選定

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ネヴァダ州ハイウェイパトロールがシグ社のP320プロキャリーを制式拳銃に選定
Photo from SIG SAUER



ネヴァダ州ハイウェイパトロールはあらたなデューティーピストルとして、シグ社のP320を採用した。

採用を報告するシグ社のプレスリリース。


採用されたのはバリエーションの中でもコンパクトなP320 プロキャリーモデル。一般向けの「X-carry」シリーズから法執行機関向けにアップデートされたモデルで、通常のP320よりもスリムなXシリーズのグリップを装着。軽量化のためのカットを省略し耐久性を高めたスライドに、リアサイトを装着したままドットサイトを装着できるオプティクスプレートを備えている。

ネヴァダ州ハイウェイパトロールはこれまで.40口径のSig P226/P229を使用していたが今回のP320採用で9mmに回帰した。現場における射撃データの再評価や弾薬の性能向上などによって、法執行機関では9mmがスタンダードとなっている。

参考記事:米軍の新制式ハンドガン「XM-17」にホローポイント弾頭が採用される可能性が高まる - ミリブロNews
https://news.militaryblog.jp/e679869.html

Source: Nevada Highway Patrol Transitions to SIG SAUER P320

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM202002
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
 ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却 (2020-03-03 19:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop