NEWS

アメリカ陸軍 M110セミオート狙撃システム用スコープにリューポルド社のMark 5 HD 3.6-18x44を選定

海外軍事 Comments(0)
アメリカ陸軍 M110セミオート狙撃システム用スコープにリューポルド社のMark 5 HD 3.6-18x44を選定
Photo from Leupold


アメリカ陸軍で使用されているKAC社製M110セミオート狙撃システム(SASS)の新制式光学照準器として、リューポルド社のMark 5 HD 3.6-18x44が選定されたと発表した。

リューポルド社のMark 5 HDシリーズはタクティカル用途を意識したモデル。防水性のためにイルミネーションレティクルをオミットするなど、フル機能よりもシンプルさ・タフさを指向している。対物レンズ径の違う3バリエーションが展開されているが、特に3.6-18x44モデルは光学機能と短小・軽量さの両立に苦心があったという。

アメリカ陸軍 M110セミオート狙撃システム用スコープにリューポルド社のMark 5 HD 3.6-18x44を選定
Photo from Leupold

仕様については、既にMk. 22 PSR用に選定された5-25x56と同じく、FDE塗装され、ミルドットレティクルのものとなる。

関連記事:
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 - ミリブロNews

Source: Leupold’s Mark 5HD 3.6-18x44 Riflescope Chosen for Army’s M110 Rifle

Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop