NEWS

米陸軍 TARDEC による近未来の陸上戦闘車両コンセプトアート

海外軍事

先端技術を使った装備品の開発活動を紹介する、米陸軍 RDECOM (Research, Development and Engineering Command : 研究開発技術コマンド) 発行の隔月広報誌「Army Technology Magazine」。その中で、陸軍・TARDEC (Tank Automotive Research, Development and Engineering Center : 戦車車両研究開発設計センター) の技術者により、近未来フォルムが印象的で、悪条件下の地形にも対応する高機動の装輪式、装軌式 陸上戦闘車両のコンセプトアートが示された。これは 2025 年の近未来における陸軍での運用を想定し描かれたもので、この他にも陸軍のプレスリリースでは、ドライバーレス モビリティ コンセプトに言及した記述も掲載され、近未来での陸上ヴィークル運用を想像させる内容となっている。

TARDEC Public Affairs 2014/05/27
The May/June 2014 Army Technology Magazine
Photo Credit: U.S. Army illustration by James Scott

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ウクライナ国家警備隊が米国製RPG-7『PSRL-1』を導入。ドンバス最前線で実戦投入か
    米海兵隊が急を要して『スイッチブレード』を発注。初配備へ
    メキシコ向け不正輸出でH&K社が有力議員に贈賄か。政策番組が監査報告書を独占入手
    ブラジル・サンパウロ憲兵の特殊部隊用デューティーピストルに『Glock 22』が選定。5,000挺が供給予定
    アメリカ海軍水上戦センター・クレーン研究所が分解式狙撃銃を開発
    ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ウクライナ国家警備隊が米国製RPG-7『PSRL-1』を導入。ドンバス最前線で実戦投入か (2018-05-23 16:07)
     米海兵隊が急を要して『スイッチブレード』を発注。初配備へ (2018-05-23 13:36)
     メキシコ向け不正輸出でH&K社が有力議員に贈賄か。政策番組が監査報告書を独占入手 (2018-05-23 12:48)
     ブラジル・サンパウロ憲兵の特殊部隊用デューティーピストルに『Glock 22』が選定。5,000挺が供給予定 (2018-05-22 18:36)
     アメリカ海軍水上戦センター・クレーン研究所が分解式狙撃銃を開発 (2018-05-22 11:20)
     ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像 (2018-05-21 18:58)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop