NEWS

米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開

海外軍事
パトカーでは全米最大のシェアを持つフォード車が、ハイブリット車では初めてとなる「追跡用(Pursuit-rated)」のPolice Responder Hybridを発売するが、それと合わせて、パトカーの進化の歴史を教えてくれるアニメーション動画を公開した。
Police Responder Hybridは一般向けと違いアクセルを5秒間踏み続けると、モーターとエンジンを同時に使用して大加速できる「追跡モード」に入るのが特徴だ。既にミシガン州警察とロサンゼルス郡シェリフは、ハンドリングと加速性のよさを高く評価している。

フォードは現在、45億ドル(約4900億円)をかけてラインアップをハイブリッド化しており、これはそのうちの1台となる。2リッター4気筒のエンジンと1.4キロワットのリチウムイオンバッテリーを組み合わせて38マイル/ガロン(リッター16km)の燃費を実現。従来の3.7リッターV6ターボエンジンのトーラスと比べ最高速は劣るものの、燃費は20マイル/ガロン(リッター8.5km)改善した。

またパトカーは「路上の交番」として1日の長い時間をアイドリング状態で過ごすが、ハイブリッド車は巨大なバッテリーを利用し、エンジンをカットしたまま無線や車載コンピューターなどの電源を賄うことができるのも有利な点だ。フォードの試算では1台あたり年間3877ドル(約42万円)のガソリン代を節約できるとしている。

アメリカでは、各種装備を搭載するため積載量に余裕のあるSUVをパトカーに採用するケースが多い。車体が比較的小さいハイブリッド車が燃費を武器にどこまでアピールできるかが注目される。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201704
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop