NEWS

Handl Defense社 HK417にSR-25・M110の弾倉を使えるようにするアダプタを開発

海外軍事

Photo from Handl Defense
現在、アメリカ陸軍は7.62mmNATO弾を使用する小銃としてEBR、SCAR Mk. 17、SR-25・M110、そしてM110A1 CSASSなど多様なモデルを保有している。これらを運用について、弾倉がそれぞれ専用となっており互換性がないのが問題となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    Handl Defense社が開発したアダプタは、HK417でSR-25・M110の弾倉を使用できるようにするもの。簡単に取り外せるためHK417の弾倉を使用することもできる。
    Handl Defense社はSCAR Mk. 17用にSR-25・M110系の弾倉を使用できるロアレシーバーをラインアップしている。

    マグウェルが左側に45度開いておりプローンした際にリロードしやすくなる工夫がされたレシーバー。

    Photo from Handl Defense

    対症療法的ではあるもののこれらとHK417用アダプタを併用することで、陸軍におけるマガジンの互換性を保つことができる。販売次期や価格などは明らかにされていない。

    Source: Handl Defense - SR25 Magazine Conversion Kit For The HK417 - Soldier Systems Daily

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop