新作FPS『Insurgency: Sandstorm』のティザートレーラーが公開

ビデオゲーム
リアル志向のマルチプレイFPSとして大ヒットした「Insurgency」を、最新ゲームエンジンでリメイクした新作FPS『Insurgency: Sandstorm』のティザートレーラーが公開された。対応プラットフォームは、PC、PlayStation 4、Xbox One。2018年内に発売予定。開発はNew World Interactive、販売をFocus Home Interactiveが担当する。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    New World Interactiveが2014年に発売した「Source Engine」は ―― PvPよりCo-opを重視、被弾による高い死亡率、残弾数/ミニマップ/キルフィードの非表示、装備をカスタマイズすることで体重が変化 ―― といったリアルでマニアックな仕様がユーザーに高く評価されたが、新作ではさらに ―― 武器ごとに異なる弾速や貫通力、キャラクターのカスタマイズ、航空機や車両の使用、オープンワールドの拡大、対戦相手とのマッチメイキング ―― などの要素が追加されるようだ。

    関連動画「Insurgency: Sandstorm - Reload Mechanics」 リロードアクションのデモンストレーション

    ゲームエンジンが「Source Engine」から最新の「Unreal Engine 4」となり、高精細なグラフィックスで描かれる。ゲームモードの数は前作より少なくなるようだが、詳細はまだ正式発表されていない。尚、クルド人女性を主人公にしたキャンペーンモードが当初予定されていたが、スケジュールの都合で開発は中止となった。

    Text: 弓削島一樹 - FM201802

    同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    『ゴーストリコン ワイルドランズ』×映画「プレデター」がコラボ!限定コンテンツ配信が発表
    映画にインスパイアされた新作ゲームソフト『World War Z』のトレーラーが公開
    イーカプコン限定販売「VTG×バイオハザード7」クリスモデルのコンバットウェアが登場
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    カラシニコフ社による公式ライセンスを受けた「初」のオンラインゲーム『キャリバー(Caliber)』が登場
    同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     『ゴーストリコン ワイルドランズ』×映画「プレデター」がコラボ!限定コンテンツ配信が発表 (2017-12-14 17:19)
     映画にインスパイアされた新作ゲームソフト『World War Z』のトレーラーが公開 (2017-12-14 13:10)
     イーカプコン限定販売「VTG×バイオハザード7」クリスモデルのコンバットウェアが登場 (2017-12-01 22:01)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     カラシニコフ社による公式ライセンスを受けた「初」のオンラインゲーム『キャリバー(Caliber)』が登場 (2017-10-26 12:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop